2011年8月 アーカイブ

審査請求料について

2011年08月10日 代表コラム

本年8月1日より出願審査請求料が引き下げられた。ちなみに昭和63年1月1日から平成16年3月31日までの出願は、8万4300円+請求項の数×2000円、平成16年4月1日以降の出願は、16万8600円+請求項の数×4000円である。本年8月1日以降に審査請求する場合(出願日は関係ない)は、11万8000円+請求項の数×4000円である。この審査請求料の引き下げ自体は好ましいことであるが、本年の引き下げは、平成16年4月1日以降の出願と比較すると約25%減となるが、それ以前と比較すると、30%増ということになる。そもそも平成16年の引き上げが大き過ぎたのである。このように大幅な引き上げは、明らかに審査の対象を減らしたいという政策的なものであった。 では一体、審査請求料はどのぐらいが妥当なのであろうか?特許庁は独立採算で運用しているので、審査にかかる費用を積み上げればよいのであろうか?審査にか...

このページのTOPへ