特許

なぜ、特許を取得する必要があるのですか?

御社が開発した新しい発明の他者によるマネを排除し、新規発明に伴って発生した経済的な利益を独占的に得るためです。せっかく画期的な技術を開発しても、特許出願をしていなければ他者にマネされ放題ですので、得られたであろう経済的利益を享受できなくなり、設備投資の回収すらままならなくなってしまうおそれがあります。
また、産業全体の発展のためでもあります。特許出願をすると、一定期間経過後にその内容が公開されますが、第三者がこれを参考にしてさらに改良した技術を開発し、特許出願、公開をすることで、産業発展のスパイラルが生まれます。つまり、どんどん新しい技術を開発し特許出願することには社会貢献的側面もあるのです。

自分で特許を出願することもできますか?

はい、可能です。
しかし、特許事務所という立場を抜きにしても、特許出願については特許明細書の作成経験をお持ちでない方にはおすすめできません。なぜなら、明細書の作成内容によって権利の範囲が大きく左右しますし、そもそも審査で拒絶されてしまうことが非常に多いのが実情です。各分野における明細書作成の専門家のそろった特許事務所に依頼されるのがよいでしょう。

出願を依頼した場合の費用はどれくらいかかりますか?

案件によって異なりますが、日本国内の出願であれば、特許庁の手数料も含め、出願時に平均25万~40万円程度かかります。
料金表をお求めの方は、お問い合わせフォームにて「特許の料金表希望」の旨をご記入の上、送信してください。

他の事務所との違いは何ですか?

サービス概要(リンク)でも触れましたが、特許業務法人アイ・ピー・ウィン(IPWIN)では、審査する立場、審査される立場、権利を活用する立場であったメンバーが一体となって(Working Together)お客様の出願をサポートいたしますので、多角的な視点からお客様にとって真に役立つサービスをご提供できる点です。
また、事務所の雰囲気が明るく居心地がいいためか、お客様に気軽に遊びに来ていただくことが多いのも、アイ・ピー・ウィン(IPWIN)の特長です。

このページのTOPへ

出願の依頼から特許取得まで、どのような流れになっていますか?

大きく分けて、出願段階と審査段階に分けることができます。

[出願段階]
ご依頼
発明の概要を記載した書面、図面をご提供いただきます。 (こちらのフォームからお問い合わせください。)
打ち合わせ
打ち合わせにて、詳細をお伺いいたします。(出張のご要望があれば応じます。)
調査
必要に応じ、先行技術がないか調査いたします。
方向性決定
調査の結果より、出願するかどうか、どの発明を権利化するか、等につき決定いたします。
明細書作成
決定した内容に基づき、出願用の明細書及び図面を作成いたします。
チェック&修正
こちらで作成した明細書を、お客様にチェックしていただきます。必要に応じ、修正いたします。(何度か繰り返すこともあります。)
出願
お客様から出願のご指示をいただいた上で、出願手続をいたします。出願から1年半後に、出願内容が公開されます。
[審査段階]
審査請求
出願の内容を特許庁に審査してもらう場合には、出願から3年以内に審査請求手続を行わなければなりません。(期間内に審査請求をしないと、特許を取得できなくなってしまいます。)
審査の結果通知
審査の結果、出願内容に特許できない理由があれば、「拒絶理由通知」が下されます。一方、特許できない理由がなければ、「特許査定」が下されます。
A.拒絶理由通知の場合
審査官の判断に承服できない場合、「意見書」や「手続補正書」等の中間応答手続が可能です。応答手続の結果、拒絶理由が解消すれば、「特許査定」、他の拒絶理由が見つかれば、更なる「拒絶理由通知」、拒絶理由が解消しなければ、「拒絶査定」となります。
B.特許査定の場合
所定期間内に特許料を納付することで、特許を取得することができます。権利の期間は、出願の日から20年までです。

物のデザインを保護することもできますか?

はい、できます。その場合は、特許出願ではなく、「意匠登録出願」をする必要がございます。
基本的に、すでに他者に公開してしまった後では登録できませんが、公開前であれば意匠出願にもご対応いたします。
こちらのお問い合わせフォームにて「意匠出願希望」の旨をご記入の上、お問い合わせください。

その他、何かご質問等がございましたら、こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。

このページのTOPへ

商標

なぜ、商標権を取得する必要があるのですか?

顧客からの信用(ブランド)の保護、経済的損失の防止、健全な産業の発展への貢献のためです。
御社が企業努力をし続けることで、その商品やサービスには顧客からの信用が蓄積され、ブランドが構築されます。もし商標権を取得していなければ、他者が御社のものと同じ又は類似する商標を使用することが可能になり、得られたであろう利益を失い、顧客は粗悪なコピー商品をつかまされてしまいます。逆に、他者に先に商標権を取得されてしまった場合、それを知らずに商標を使用していると侵害行為になってしまうので、商標の変更を余儀なくされるばかりか、損害賠償を請求されてしまうおそれもあります。これらにより、経済的損失ばかりか、これまでの信用又はこれから蓄積する信用を簡単に失いかねません。
なお、商標権を取得して他者のマネや自社の侵害行為を防ぐことは、顧客の利益を守ることにもつながりますから、取引秩序を安定させ健全な産業の発展を助けるという、社会貢献的側面もあります。

自分で商標を出願することもできますか?

はい、できます。しかし、商標には登録の要件が20以上あり、これらに留意せずに出願を進めると審査で拒絶されてしまう可能性があり、時間とお金を無駄にしてしまうおそれがあります。また、先行商標の調査はそれほど容易でなく、ご自身で調査されたとしても不十分な場合が多いのが実情です。専門家である弁理士に委ねれば、商標登録の可能性はぐっと上がりますし、気がつかなかった効果的な方法もアドバイスしてもらえます。

出願を依頼した場合の費用はどれくらいかかりますか?

案件によって異なりますが、日本国内の出願であれば、特許庁の手数料も含め、出願時に平均8万~15万円程度かかります。

料金表をお求めの方は、お問い合わせフォームにて「商標の料金表希望」の旨をご記入の上、送信してください。

他の事務所との違いは何ですか?

サービス概要(リンク)でも触れましたが、単に商標の出願の代行にとどまらず、お客様と一緒になって、効果的な商標出願、登録後の商標の活用及び管理、ブランドの構築まで考えることができる点です。気楽にご相談いただけるよう、1000回まで無料(?)という、実質上限なしでご対応いたしております。

このページのTOPへ

出願の依頼から商標登録まで、どのような流れになっていますか?

大きく分けて、出願段階と審査段階に分けることができます。

[出願段階]
ご依頼
出願を希望されている商標と、お使いになる商品又はサービス(役務)を記載した書面をご提供いただきます。 (こちらのフォームからお問い合わせください。)
打ち合わせ
必要に応じて、打ち合わせにて詳細をお伺いいたします(※メール、FAX、電話のみでのご対応も可能です。)。ブランド方針やネーミング案等、商標に関係するご相談に幅広く対応いたします。
調査
必要に応じ、先行商標がないか調査いたします。
方向性決定
調査の結果より、出願するかどうか、どう権利化するのがベストか、指定商品(役務)案等につき決定いたします。
願書作成
決定した内容に基づき、出願用の願書を作成いたします。
チェック&修正
こちらで作成した願書を、お客様にチェックしていただきます。必要に応じ、修正いたします。
出願
お客様から出願のご指示をいただいた上で、出願手続をいたします。
[審査段階]
審査
出願後、間もなく審査が開始いたします。およそ6カ月~1年以内に、審査の結果が通知されます。
審査の結果通知
審査の結果、出願内容に登録できない理由があれば、「拒絶理由通知」が下されます。一方、登録できない理由がなければ、「登録査定」が下されます。
A.拒絶理由通知の場合
審査官の判断に承服できない場合、「意見書」や「手続補正書」等の中間応答手続が可能です。応答手続の結果、拒絶理由が解消すれば、「登録査定」、拒絶理由が解消しなければ、「拒絶査定」となります。
B.登録査定の場合
所定期間内に登録料を納付することで、商標登録を取得することができます。権利の期間は登録の日から10年ですが、10年ごとに更新手続を行うことで、半永久的に権利を存続させることもできます。

その他、何かご質問等がございましたら、こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。

このページのTOPへ

アクセスマップ

IPWINまでの地図

詳しくはこちら

よくあるご質問 Q&A

代表コラム Representative Partner column

スタッフブログ Staff blog

特許出願

商標出願